NEWS
BLOG , NEW ITEM 2020.08.24 月曜日
BJ Classic Revival Edition “JAZZ”

阿波おどりのないさみしいお盆、みなさまどうお過ごしになりましたでしょうか。

当店も久しぶりにお盆明けに5日間のお休みをいただきました。なんにせよ心も身体も自由の効かないお休みでしたが、スケジュール的には無理のない休みとなり、リフレッシュすることができました。

 

 

 

 

 

さて、EYEVAN, YUICHI TOYAMA.と、店内在庫が充実しまくっているブランドがたくさんございまして、今は大変見ごたえのある状況となっておりますが、BJ Classicも負けてはおりません。

今回は100年近い歴史と実績を持つウェリントンタイプをご紹介いたします。

 

DSC_8025

【BJ Classic Revival collection “JAZZ”】

 

 

 

「ビル・エヴァンスのメガネ」を復刻販売|ARBAN

https://www.arban-mag.com/article/34820

 

REVIVAL EDITION|BJ Classic Collection

https://www.bros-japan.co.jp/product/category_product/revival-edition/

 

 

 

伝説のジャズピアニスト、ビルエヴァンスが生前かけていたモデルをBJ Classicが復刻しました。

AO社の版権を持つBJ Classicだからこそできたリプロダクトですね。

 

 

 

bill

 

50’sのアメリカで大流行したこちらのモデル、当時はザイルという石油分の多い生地で作られていました。

(このザイル、今でも様々な憶測を呼ぶ樹脂でして、普通のセルロイドなのでは?という説もありますが、アメリカンヴィンテージのメガネのにおいは、セルロイドのそれではないように思います。)

 

このザイル(≒セルロイド)は発火性が極めて高く、生産管理が大変重要であるため、現在では諸外国では製造や販売が禁止されている素材です。

今でもセルロイド製造・販売のできる日本で、しかもセルロイドにこだわり続けたBJ Classicだから、当時の素材でリプロダクトすることができました。

 

 

 

 

 

DSC_8035 DSC_8036

 

智元のカシメがいつものBJと違います。完全復刻ということで、ウイング鋲を使っていません。

テンプル内側の打刻が、本物感を際立たせます。シルク印字が多い中、打刻を続けているのもBJ Classicの魅力の一つでしょう。

 

 

 

 

 

DSC_8040 DSC_8031 DSC_8033

 

6色展開で、キハク(黄)は今っぽくカラーレンズを入れて、ポリッシュドブラックはガラスのレンズを入れて、茶ササ(ブラウン系)にはブラウン系のレンズを合わせてレンズの着色劣化を再現して…と考え始めると想像が尽きません。(初期状態からカラーレンズの入ったサングラスモデルもあります)

 

 

 

 

過去にご紹介した、HOYA社のパールコートを合わせていくのも素敵です。

 

パールコート

https://koyo-glasses.com/blog/20005/

 

 

 

 

DSC_8022

 

 

 

この記事のフレームやその他当店取り扱いのブランド、
メガネのことに関するお問い合わせは

LINE(1:1トーク)、もしくはメールでどうぞ。

メールでのお問い合わせ
Tomodachi

NEW TOPICS
CORONA

2020.09.29 火曜日
BLOG

10月の営業のご案内

手ぬぐい

2020.09.17 木曜日
BLOG , オリジナルグッズ

光陽眼鏡オリジナル手ぬぐい ’20

DSC_8596

2020.09.14 月曜日
BLOG

Insta Live Pt.2 [BJ Classic × YUICHI TOYAMA.]

PICK UP
SNAP 光陽百景 EVENT イベント情報 セレクトへのこだわり Handing Brand ベストコンディションを保つために After Care
ARCHIVE