NEWS
BLOG 2020.04.28 火曜日
◆Oakley のススメ2 QUALITY OF OAKLEY

oakley2

依然、COVID-19の収束は見えてきません。さらなる長丁場が想定されますね。

心身とも健康に過ごすために、適度な運動も心がけていかないといけませんね。

 

私は丸亀国際ハーフマラソン’19以来、健康づくりのためジョギングをしています。

夏になるとサボりがちになってしまいますが、他の3シーズンはできるだけ定期的に走ることを心がけています。

本来であればこの春はとくしまマラソンに出場する予定だったのですが、、

また来年、開催されることを信じて、しっかり記録が残せるよう、練習もコロナ対策も頑張りたいと思っています。

 

 

さて、前回のオークリーのススメの続きでございます。

まだご覧になっていない方は、ぜひ前回もご覧いただければと思います。

 

◆Oakley のススメ HISTORY OF OAKLEY

 

 

 

今回は、メガネ屋目線でレンズに特化してご紹介したいと思っています。

 

 

 

■レンズの良さって?

 

1.耐久性がすごい!

 

高い耐久性を実現するため『O-Matter(オーマター)』という特別な樹脂を使って製造されたフレームは、軽量で強く、スポーツやアウトドアの激しい状況下にも耐えうるものです。

 

そんな強さのフレームに負けず劣らず、レンズの素材である『PLUTONITE(プルトナイト)』は、独自製法で精製された高純度のポリカーボネート。

フレームの形状とレンズ素材が組み合わさり、盾となって目を完全に防護。『絶対に割れないレンズ』として折り紙つきです。

 

高速衝撃テスト(直径6.3mmの鋼鉄製の玉を164km/hの速度でレンズに打ち込む)や、高圧衝撃テスト(約130cmの高さから0.5kgの先の尖った金属製をレンズに落下させる)を経て、商品化されています。

 

米国工業規格AN SI Z80.3を大幅に上回る高い耐衝撃性

通常プラスチックレンズより20%軽量

軽量で快適な着用感

コーティングではなく練りこみ材で、紫外線及び400㎚までの青色光を100%カット

 

 

oakley5

 

 

 

 

2.見え方がいい!

 

(左:通常の見え方 / 右:OAKLEYサングラスの見え方)

 

 

oakley4

 

上の参考画像を見ていただければ一目瞭然ですね。

デコボコや、奥行き、対象物の素材や質感といったものがパキッと色濃く出ています。

 

このように、『PRIZM(プリズム)』というカラーレンズは、特定の波長(≒色)だけを増減させ、パフォーマンス性の高いコントラストを表現しています。

種類も豊富で、ライフスタイルや目的のスポーツに適したレンズカラーをチョイスすることができます。

 

 

 

また、『TRUE DIGITAL(トゥルーデジタルテクノロジー)』というデジタル技術を採用しており、いかなるフレームカーブ・レンズカーブであっても、そのスポーツやシチュエーションに適した見え方を再現でき、周辺視野にボケや歪みのない高解像度の視界が広がります。

 

たとえば他社製であれば、度無しだとしても、足元が浮き上がって感じられたり、両眼で側方視がしづらかったり。度付きとなればなおさらです。

そういった違和感を解消してくれる光学性能を搭載しています。

 

本来メガネ屋として、ここを強くご説明したいところなんですが、、文字では伝えきれません!笑

ざっくり申し上げますと、松竹梅と三段階あるうちの松のレンズ(内面非球面)に匹敵するレンズです。

 

 

 

oakley8

 

 

スポーツ別に特化した遠近両用レンズもあります。

オークリーを使われている方で、ゴルフやフィッシング、サイクリングなどされているみなさんに、大変オススメしたいレンズです。ぜひお試しください。

 

 

 

oakley10

oakley11

oakley12

 

 

3.見た目がかっこいい!

 

フレームのデザインとマッチしたレンズカラーを表現しているのは『IRIDIUM(イリジウム)』と呼ばれる独自のミラー加工です。

特別な金属酸化物をコーティングすることで、日本規格のミラー加工よりも発色がよく、よりアクティブでスポーティーな感覚が強まります。

 

PRIZMの持つレンズカラー・コントラスト性能と、IRIDIUMのファッション性で、唯一無二の世界観が広がります。

 

oakley6

 

 

いかがでしょう。オークリーのサングラスや、その度付きレンズの魅力が少しでもお伝えできれば幸いです。

 

シリーズ最終回の次回は、度付きでの製作に特化したり、OCE(オークリーカスタムアイウェア)について少しご紹介できればと思います。。

 

 

 

フレーム・パーツの在庫状況、通販のご希望、修理のご依頼、レンズ交換、メガネや眼のご相談、お見積りなど、公式LINE@にて、なんなりとお問い合わせください。

 

LINEで問い合わせる
Tomodachi

 

みなさま健康にお過ごしくださいませ。

NEW TOPICS
DSC_7184

2020.05.26 火曜日
BLOG , SNAP 光陽百景

BJ Classic / SUNSHIFT S-C510N

DSC_2295

2020.05.20 水曜日
BLOG , SNAP 光陽百景

OG x OLIVER GOLDSMITH / Re:PIMLICO46

DSC_6984

2020.05.17 日曜日
BLOG

COM-108S 新色(松田龍平さんモデル)

PICK UP
SNAP 光陽百景 EVENT イベント情報 セレクトへのこだわり Handing Brand ベストコンディションを保つために After Care
ARCHIVE