NEWS
BLOG 2020.04.24 金曜日
◆Oakley のススメ HISTORY OF OAKLEY

oakley

COVID-19が猛威を振るい続け、ずいぶんと自粛生活が続いています。

テレワークや休校、ステイホームは、どうしてもストレスが溜まったり、お菓子やお酒が増えたり、運動不足になってしまったり…。

 

団体スポーツは難しくとも、こんなときだからこそ、個人レベルのウォーキング、ジョギング、サイクリングは、感染防止を意識して継続するのが大事なのでしょうね。

 

そんなスポーツのお供に、防護用、そして感染防止の用途でも、サングラスのススメでございます。

 

 

 

■Oakley(オークリー)って?

 

当店取り扱いのスポーツブランドであるOakley(オークリー)は、1975年創設、カリフォルニア州に本社を構えるスポーツ&ライフスタイルブランドです。

 

元々はモトクロスバイク用のグリップを作るゴム屋さん。『汗を吸うことでグリップ力を増す』画期的な素材を開発しました。

また、そこから転じてゴーグルの制作に着手。そちらでも大きなシェアを獲得しました。

 

それらの技術やノウハウは、今の商品たちにも生かされています。

 

 

 

 

oakley1

 

 

ブランドコンセプトは、『Technology Wrapped in Art』(アートなデザインで包み込まれたテクノロジー)。

 

あらゆるシチュエーションを想定し、いかに目を保護するかを第一に掲げ、約800の新技術を発明して特許を取得。

スポーツアイウェア業界の牽引的な存在であり続けています。

 

サングラスを、アクセサリーからスポーツに必要不可欠なものに押し上げたブランドと言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

 

世界中の、各界プロフェッショナルが御用達ということでクオリティーの裏打ちもバッチリ、大変な人気と知名度です。

 

日本でもイチロー選手をはじめ、高橋尚子選手、宮里藍選手、小平奈緒選手、大谷将平選手など、昨今のトップアスリートたちの使用も記憶に新しいですね。

 

 

oakley3

 

 

コントラストを最大限に追求、パフォーマンス向上に特化させた独自のレンズカラー“PRISM(プリズム)”シリーズはスポーツをするうえでたいへん魅力的です。

また、“TRUE DIGITAL(トゥルーデジタル)”と呼ばれるレンズは、度無し・度付き問わず、光学性能が高く評価されています。

 

フレームの良さやデザインは様々なところで見聞きすることができますので、メガネ屋として、次回ブログにてレンズの機能性に特化してご紹介したいと思います。

 

 

 

フレーム・パーツの在庫状況、通販のご希望、修理のご依頼、レンズ交換、メガネや眼のご相談、お見積りなど、公式LINE@にて、なんなりとお問い合わせください。

 

LINEで問い合わせる
Tomodachi

 

みなさま健康にお過ごしくださいませ。

NEW TOPICS
DSC_7184

2020.05.26 火曜日
BLOG , SNAP 光陽百景

BJ Classic / SUNSHIFT S-C510N

DSC_2295

2020.05.20 水曜日
BLOG , SNAP 光陽百景

OG x OLIVER GOLDSMITH / Re:PIMLICO46

DSC_6984

2020.05.17 日曜日
BLOG

COM-108S 新色(松田龍平さんモデル)

PICK UP
SNAP 光陽百景 EVENT イベント情報 セレクトへのこだわり Handing Brand ベストコンディションを保つために After Care
ARCHIVE